Green Heart Wind Orchestra

指揮者紹介

常任指揮者:山元富雄先生

1941年 京都生まれ。東京芸術大学卒業 同大学院修了。
トロンボーン奏者として東京交響楽団へ入団。その後東京都交響楽団へ移籍してご活躍。
揮法を故渡辺暁雄氏に師事。現在は都響を定年で退団され、多数のアマチュアオーケストラ等の指導で奔走されています。
また、作・編曲など様々な方面でもご活躍されています。当楽団におきましては、設立当時より常任指揮者としてご指導いただいています。

山元先生による発音の仕方講座♪

練習の中で、音符を表現するときの「発音」の仕方について説明された内容です。

トレーナー紹介

トレーナー:竹内健人

福岡県北九州市出身。 4歳からピアノ、10歳からサキソフォンを始める。
洗足学園音楽大学音楽学部サキソフォン専攻を卒業後、東京藝術大学音楽学部指揮科へ進学。

サキソフォンでJBAソロコンテスト福岡県大会金賞を受賞。
第10回全日本高校選抜吹奏楽団に選ばれウィーンのオペラ座で演奏する。
指揮で2016年のWMC-WBAS Intercontinetal Conducting Courseのファイナリストに選ばれる。
2018年、東京オペラ主催「魔笛」公演を指揮。
2019年、青島広志主催ブルーアイランド版「魔笛」副指揮者。
北九州初のプロオーケストラ、「北九州グランフィルハーモニー」と共演。
2020年、ブルーアイランド版「こうもり」指揮者。

尾高忠明、ジョルト・ナジ、ラースロー・ティハニ、ダグラス・ボストックの各氏のマスタークラスを複数回に渡って受講。
ピアノを上岡由美子、鳥羽瀬宗一郎、吉武優に、サクソフォーンを江口紀子、池上政人、室内楽を服部吉之の各氏に、指揮を川本統脩、黒岩英臣、山下一史、高関健の各氏に師事。

AZUMA吹奏楽団指揮者。東京サキソフォンオーケストラ常任指揮者。2020年、グリーンハート吹奏楽団トレーナーに就任。

トレーナー:長堀拓斗

北海道出身。 6歳よりピアノを始める。平成24年度旭川市新人音楽賞受賞、ならびに受賞記念演奏会に出演。平成29年7月、美瑛町Geoff Gallerにてリサイタル開催。平成29年12月、旭川市大雪クリスタルホール自主文化事業「吹奏楽で行くヨーロッパ音楽の旅!」第1部の指揮を務める。

これまでピアノとソルフェージュを米澤緑夏、ピアノを加藤由華、水田香、新町由美、鈴木恵子、木村貴紀、成田良子、稲生亜沙紀、今田篤の各氏に師事。スコアリーディングを照屋正樹、田中翔一朗の各氏に師事。指揮とスコアリーディング、ソルフェージュ、和声法を夏田昌和、指揮を高井優希、高関健、山下一史の各氏に師事。また講習会等にて、Zsolt Nagy、Laszlo Tihanyi、阿部加奈子、川本統脩、各氏のレッスンを受講。

北海道教育大学教育学部旭川校芸術・保健体育教育専攻音楽分野卒業、同大学大学院教科教育専攻音楽教育専修器楽分野修了。武蔵野音楽大学別科指揮コース修了。東京藝術大学音楽学部指揮科を経て、同大学大学院修士課程指揮専攻1年次在籍。2022年、グリーンハート吹奏楽団トレーナーに就任

↑ PAGE TOP